目頭切開の手術は症例数も多い東京のクリニックなら安心

埋没法からの目頭切開

埋没法からの目頭切開静脈麻酔を使う事にしました自分の理想的な目元にしてもらえてお勧めのクリニック

二重整形に関しては、以前埋没法という方法で行ったことがありました。
しかしモウコヒダというアジア人に多くみられる目頭のひだがあることで、突っ張っているような印象が気になっていて、今回は目頭切開をする事にしました。
目頭切開はこのモウコヒダを切開して、よりハーフのような顔になれるというメリットが有ります。
多分芸能人やモデルさんなど、テレビで活躍している方の多くもこの方法で手術を受けているのではないかと思いますし、以前カウンセリングに行ったときにも実はすすめられていて、切開する事に抵抗があったので手術は受けていませんでしたがそれを後悔していたので今回は決意も新たにという感じです。
以前東京の評判の良いクリニックで手術をしましたが、その埋没法の手術自体は満足出来ていたので、同じところでカウンセリングを受ける事にしました。
そこでカウンセリングを受けると、目頭切開だけをしてももちろんラインはもっと今よりも出やすくはなる可能性はあるけれど、バランスを考えた時にやはりまぶたの部分も切開して整えたほうがよりきれいになるという事でした。
これを聞いて少し躊躇しました。
目頭だけのつもりだったので、その日はどうするかもう一度持ち帰って検討するという事でクリニックを後にしました。
選択肢としては、そのまま目頭だけ手術することも可能という事だったので、それだけにするかまぶたも切開して両方整えるかどうかという事です。
でもよく考えてみて、目頭だけ切開して埋没法との相性が合わなくてラインが不自然になる事を考えるのであれば、両方手術して理想的な目にしてしまう方がメリットは大きいというところに至りました。
出費もかさみますが、そのためにバイトをしていたので、なんとかなりそうです。
埋没法をしていた時の糸が気になりましたが、相談したところ切開して縫合する際に、その糸の部分も内側に入るので目立たないという事でしたのでほっとしました。
そこでついに私も大掛かりな手術をする決意をしたわけです。
大掛かりといっても、骨を削ったりするよりも全然ですし、ダウンタイム的には少しかかりそうですが、ちょうど大学が長期休暇中にあたる時期だったので問題は有りません。
再びカウンセリングを受けて、ラインなども決めていきました。

目頭切開 東京目頭切開を安く受けたい方必見